O脚でお困りの方へ
-Trouble of Stoop-

つらい症状をお持ちの方からよくいただく質問の中で、

姿勢が気になるというのはその中でも多い気がします。

そんな方のお悩みにお答えします。

 

姿勢と全身の歪みとインナーマッスル

これは、姿勢に関してもクドイようですが全身の歪みが関係しているからです。

特に猫背や内巻き肩が代表的なあまり思わしくない姿勢でしょうか。

 

全身の歪みといってもこの場合は姿勢なので、姿勢筋つまり体のインナーマッスルが効いているかがポイントになります。

 

インナーマッスルは全身にある

nekoze_01

首のインナーマッスルです。顎、首などの歪み原因で弱る傾向にあります。

nekoze_02

横隔膜という呼吸には欠かせない筋肉です。呼吸と姿勢は関連が強いので姿勢にも大きく関わります。

緊張状態が続いたり、疲労が溜まるなどで呼吸が浅くなり弱ってしまいます。また肺といった呼吸器との関連が強く、乾燥やほこりが多い環境などの影響を受けます。

 

職場のエアコンによる乾燥と顎関節の歪みが原因だった例

nekoze_03

呼吸器の調整と顎関節の歪みの調整

⇨首や顎のインナーマッスルの運動指導

 

nekoze_04

腰のインナーマッスル(大腰筋)です。インナーマッスルの代表的存在です。骨盤や背骨が歪むことで弱ります。また腎臓という臓器と関連が強く、水分摂取不足、塩分過多、冷え(クーラーや冷たい飲み物など)の影響も受けやすい部分です。

 

水分不足から腎臓への負担が大きくなり、腰のインナーマッスル(大腰筋)が弱くなっていた例

腎臓への施術

⇨大腰筋の運動指導

⇨水分摂取に対する生活指導

2週間後。。。

インソールにて大腰筋、背骨、内臓の調整

nekoze_05

背骨がガチガチで前屈して頂くと、こんな感じでした。

この状態だと、腰のインナーマッスルは働きたくても働けません。汗

調整後は今までで最高に柔らかくなったとのことで、左の図のところまでは回復しました。

nekoze_06

腰が柔らかくなり、腰のインナーマッスルがしっかりと働くようになることで、自然と姿勢が良くなります。

nekoze_07

膝のインナーマッスル(内転筋)です。骨盤や膝の歪みによって弱りやすいです。O脚の原因にもなる筋です。

 

 

O脚の方の施術例

全身調整(体が悪くなっている原因施術)※このかたの場合はストレスの影響と肘をつく癖が原因でした。

⇨膝周りのインナーマッスル運動指導

O脚が改善され、骨盤の位置も正常に戻っていることが分かります。

 

 

猫背の方の特徴

  • 姿勢を正そうと頑張らないと姿勢を正せない。
  • 姿勢悪いから姿勢を正した方がいいよ。←そんなの分かってるよ。

といった感じでしょうか?あるあるだと思います。

 

全身の歪みが整い、結果的にインナーマッスルが働きやすい状態になることで、

無理に姿勢を正そうとしなくても自然と背筋がピンとなります。

側彎症といった方の場合でも変形は治らないにしろ、より楽に姿勢を正すことが出来ます。

 

まとめ

  • 姿勢はインナーマッスルが効くと楽に正すことができる。
  • インナーマッスルは全身にある。
  • 様々な症状から、インナーマッスルが弱り、姿勢が崩れる原因となる

\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)