更年期障害でお困りの方へ
-Trouble of Menopause-

 

「50代になって顔のほてりが出てきた…」

「もしかして更年期障害…?」

「頭痛やめまいなどに悩まされる…」

 

更年期とは、閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。

日本人女性の場合なら、およそ45〜55歳であると言われています。

 

こんにちわ、熊本市帯山のリハビリ整体・メディカルアロマ mano(マノ)の上原一輝です。

更年期障害に悩まされる女性はたくさんいらっしゃいます。

 

では、そもそもなぜ更年期障害は起こってしまうのでしょうか。

 

更年期障害の原因は「エストロゲン」の減少

更年期障害は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があります。

エストロゲンは8〜9歳頃から卵巣で分泌されはじめ、30代半ばに分泌量のピークを迎えます。

これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します

つまり、更年期障害のとは、卵巣の機能低下によって生じる、ホルモンバランスの乱れが原因ということになります。

 

更年期障害の症状としては、

  • ほてり(顔がほてる・ホットフラッシュ)
  • 多汗
  • 動悸
  • めまい・ふらつき
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 冷え
  • むくみ

などさまざまな症状があります。

 

45〜55歳前後の女性であり、上記症状でお悩みであれば、更年期障害の可能性が考えられます。

 

更年期障害の治療には、現在のところ、ホルモン注射によるホルモン療法が一般的だといわれています。

しかし、これは乳がんなどの副作用があるとも言われており、リスクが大きいのが気になるところ。

しかも厄介なことに、更年期障害は長続きするケースが散見されます。

 

更年期障害が長続きする理由とは…?

更年期障害の特徴は、症状が長続きするということ。

10年近く更年期障害に悩まされているというような方もいらっしゃいます。

 

なぜ、そのように不調が長続きするのでしょうか?

 

先ほど、更年期障害の原因は卵巣の機能低下にある、とご説明させていただきました。

卵巣の機能低下は、全身の歪みが大きく関係しています。

 

例えば、骨盤が歪むことで、骨盤の中にある子宮や卵巣は血流障害を起こします。

血流障害の状態が続くと、慢性的な冷えにつながり、卵巣の機能低下を起こします。

骨盤の歪みにより臓器全体も垂れ下がってしまうため、卵巣の上にある胃や腸の圧迫を受け、さらなる機能低下が生じてしまいます。

 

症状が長く続く理由の一つとして、骨盤の歪みが挙げられます。

つまり、歪みを解消してあげることで、更年期障害の寛解(症状が緩和すること)が期待できるということです。

 

「じゃあどうすれば、骨盤の歪みが解消されるの?」

「自宅などでも出来る対処法はあるの?」

 

もちろん、自宅で出来る対処法はございます。

 

自宅で出来る骨盤歪み解消4つの方法

骨盤体操①
骨盤体操①
骨盤体操②
骨盤体操②
骨盤体操③
骨盤体操③
骨盤体操④
骨盤体操④

 

それでも症状が軽くならないケースもあります。

その場合は、ホルモンの乱れが解消できていないことが原因です。

 

 

ホルモン乱れの原因となる3つの要因

①筋肉や骨格の歪み

運動不足で筋肉が弱くなったり、骨格が歪んだりすることで骨盤の歪みが引き起こされます。

人によって、原因となる筋肉や骨格の部位は異なります。

足首や膝、背中、お腹など一人ひとり異なる原因を特定し、そこにアプローチしなければ改善しません

原因箇所を調整することで骨盤が正しい位置に戻り、しっかり安定させ、内臓の下垂を防ぎます。

また卵巣や子宮の血流が即時的に改善します。

 

②内臓の不調

内臓は機能が低下したり疲労がたまったりすると、重くなって下垂するという特徴があります。

子宮や卵巣は内臓の中でも一番下に存在しますので、他の臓器が不調に陥り、下垂し圧迫されるというケースは少なくありません。

 

食生活の乱れにも注意が必要。

腸内環境が悪化し、腸内が腐敗、結果血液が汚れてしまいます。

子宮の血流も悪くなり、機能低下を起こします。

 

また、腸から肝臓にも血液は流れていますので、肝臓も汚れて、エストロゲンの代謝がうまく行われず、女性ホルモン過多の状態になり、女性ホルモンの乱れや卵巣機能の低下につながります。

肝臓は女性ホルモンの処理をするところなので、腸が汚れていなくても肝臓自体に負担がかかります。

そこから女性ホルモンの乱れにつながり、子宮や卵巣の機能低下を引き起こします。

 

人の内臓同士は関連し、協働しています。

ある部位が悪くなると、他の部位も悪くなってしまうのです。

 

③精神的なストレスによる自律神経の乱れ

「仕事で精神的に疲れる…」

「人間関係や家事・介護などで、ストレスがたまる…」

現代社会において、ストレスを抱えていない人はいらっしゃらないでしょう。

 

ストレスが溜まると、脳の視床下部と呼ばれる部位にある「自律神経の中枢」に影響が出てきます。

視床下部と呼ばれる部位は、「ホルモンの中枢」でもあり、同時に女性ホルモンの分泌を行う機能も持っています。

 

ストレスが溜まってしまうと、視床下部の指令が弱くなり、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます

さらに、「自律神経」と「ホルモン」の中枢には、お互いがお互いに影響し合う性質があるため、片方が悪化すると、もう片方にも悪影響が生じます。

 

骨盤体操をしっかりと行っても、以下の点が改善していないと根本的な解決は目指せません。

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 内臓機能の低下

 

mano(マノ)では、あなたの生活習慣やカラダの状態などを診させて頂き、どこに原因があるのかを特定し、アプローチしてきます。

筋肉や骨格などカラダの外側だけでなく、食生活や生活習慣などからも根本的な解決のご提案をさせて頂きます。

 

「更年期障害を症状を緩和させたい」

「これ以上悩みたくない」

 

更年期障害をなんとかしたいと思う方、一度mano(マノ)にご相談ください。

 


\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)