ヘルニアでお困りの方へ
-Trouble of Hernia-

ヘルニアを治すというよりも、予防は可能です。

もちろんすでになってしまったという方でも大丈夫です。

再発の可能性を少なくすることは可能です。

 

そもそも椎間板ヘルニアってどういう状態?

ヘルニア=飛び出ると覚えていただくと大丈夫です。

椎間板の中身がプリッと飛び出る状態のことを椎間板ヘルニアと言います。

herunia_01

 

何で椎間板ヘルニアになるの?

椎間板ヘルニアに至る過程をシンプルに言うと、一箇所だけに負担が集中した結果です。

背骨は 頸椎(けいつい)が7本、胸椎(きょうつい)が12本と腰椎(ようつい)が5本です。合計24本です。

その中で、動きにくい部分と動きやすい部分が生じてくると、動きやすいところばかり動いてしまい、負担が集中してしまいます。だからその部分が壊れてしまいヘルニアになるといった具合です。

少し動画を使って解説していきます。

本来、腰の関節は下の動画の様に、一つ一つがほんの少し滑る様に動くことしか出来ません。

ということは、24個の骨が協力することが大切ということがわかると思います。

1つの関節に負担をかけることがいかに無謀なことか。

腰の骨のわずかな動き

 

24個の骨が全てしっかりと動くことで下の写真の左の様に滑らかな丸い背中になります。

この状態が理想的で、一つの関節に負担がくることはまずありません。

herunia_02

 

逆に左の写真は、背中が直線的なカーブを描いていると思います。

わざと背中の筋肉に力を入れて前屈してみました。

そうするとほとんどの背骨が動くことが出来ず★部分に負担がくる訳です。

これをヒンジ運動と言います。

★の部分を支点として折りたたみ携帯のような動きになってしまいます。

下に動画を載せていますので参考にしてみてください。

肘や膝もこの関節の動きに近い動きをします。

この動きが腰で起きてしまうと椎間板ヘルニアのような腰の障害になりやすくなるという訳です。

 

ヒンジ運動

なので対策としては簡単です。背骨全体が均等に動くようになればいいんです。

 

背骨が均等に動くための3つの条件

①インナーマッスルを整える

インナーマッスルが効かず、体の外にある筋肉ばかり使うようになると背骨一つ一つが動かない状態(ヒンジ運動)になります。

そのため、インナーマッスルをしっかりと機能しやすくするという事はヘルニアの予防になります。

下の図を見るとアウターマッスルは矢印が長く、インナーマッスルは矢印の長さが短いのが分かります。

これはインナーマッスルが背骨一つ一つを動かすためにあるということです。

herunia_03

 

②背骨や骨盤の歪みを整える

骨の歪みもインナーマッスルが効かなくなる大きな原因となります。

むしろ骨の歪みにより結果的に腰のインナーマッスルが効かなくなるというパターンの方が多い気がします。

そして、骨が歪んでいる原因は様々です。

 

③背骨や骨盤が歪んでいる原因を整える

あげるときりがありません。脳、内臓ストレス、メンタルストレス、姿勢など。

その方のその方で原因は異なります。

その原因を、評価し施術し、その対処法についてお伝えします。

 

まとめ

  • 一部分に負担がくると椎間板ヘルニアなどの腰のつらい症状のリスクが高まる
  • 背骨全体がしっかり動くようになることがヘルニア予防の鍵になる
  • 背骨全体が動かなくなった原因は様々で人によって異なる

ヘルニアは腰の症状としては入り口のようなものです。そろそろ腰のこと労った方がいいですよのサインです。

そこから何も対処しないからどんどん悪くなり、取り返しのつかない状態になってしまいます。

さすがに変形した骨は手術でしか治りません。

 

そうなる前に予防する手立てを知って欲しいものです。

長期間、腰の痛みに悩まされていても大丈夫です。

しっかりとご自身で予防していけば、回復の方向へ進んでいきます。


\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)