おびべん筋骨格触診アプローチコース 阿蘇地方開催 情報

リハビリ整体&メディカルアロマサロンmano代表の上原一輝です。

臨床研究会愛媛祭 熊本支部 おびやま勉強会

 

8月からの4か月間、阿蘇地方にて4回コースを開催致します。

 

阿蘇地方近隣のセラピストの方々是非ご参加下さい。

 

以下詳細です。

 

『おびやま勉強会 筋骨格触診アプローチコース 阿蘇地方4回コース』

 

第一回:8月12日・13日

第二回:9月9日・10日

第三回:10月14日・15日

第四回:11月11日・12日

 

得られる知識・技術

  • 全身の筋骨格系の解剖イメージ、触診が出来るようになる
  • 局所機能の評価・アプローチ法を理解し実践できるようになる など

 

筋触察(頸部、肩甲帯、胸郭、骨盤、大腿、下腿、足部)

当会の触察はイメージを最大限活用していきます。

イメージを活用することで下記のようなメリットが期待出来ます。

  1. 深部にある筋肉も簡単に触ることができる
  2. 相手への負担が少なく、どんな方にも安心して対応できる

 

骨格アライメント評価

筋肉と骨は双方向性の関係にあります。

当会では全身の骨格調整もみっちりと指導させて頂きます。

 

筋力反射テスト

症状がある部位などの対象となる部位に触れたり操作を加えたりして筋力の変化をみるテストです。

相手との情報共有の際にとても有効な評価方法になります。

 

当会における「タッチ」

良いタッチと悪いタッチ 触察のタッチと施術のタッチ

この原則を知っているか知らないかでまず臨床で大きな差が生まれます。

この原則を知ることで、既存のテクニックが最大限活かされます。

 

当会の施術では局所と全体両方の視点を大切にしております。

ここではそのうちの局所の部分を学んでいきます。

 

筋インバランスに対するアプローチ法を身につける

筋インバランス治療の基本原則

当会では全身の筋肉のバランスを重要視しております。

一つの筋肉を調整するのではなく、上下、左右、前後、深層表層などといったバランスを整えていきます。

 

各筋の促通方法、セルフエクササイズ

固い筋肉の緊張を落とそうとしてもなかなか落ちないし、痛みも引かない。その場は力が抜けるけどすぐに戻るといった経験はないでしょうか?

筋肉にストレッチやマッサージをする前に行うことがあります。

弱っている筋肉の促通です。

弱っている筋肉を使える状態にするだけで、その落ちなかった緊張が落ちる可能性が高いです。

 

・ 時間 : 1日目 13:00~17:00講義
       2日目 10:00~16:00 講義 (昼休憩1時間)

・ 会場 : 大阿蘇病院

 

・ 受講費 : 各回(土日)につき15,000円(全コース受講者は各回10,000円・4回で合計40,000円)

講義は全て受けることで当会の考えの本質が理解できる内容になっていますので、スポット参加より全回参加をお勧めします。

 

・ 定員 : 14名

・ 対象 : 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

 

・ 申込方法 : メール件名を「阿蘇4回コース」とし、以下の必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
① 氏名(ふりがな) ②勤務先 ③メールアドレス ④電話番号(連絡が取れる番号をお願いします)
⑤職種 ⑥経験年数(何年目) ⑦懇親会参加の有無 を明記し、

  info@with-mano.comまでご連絡下さい。

 

あるいは、下記講習会情報HPの、「お問い合わせ」フォームより、必要事項をご送信下さい。

http://with-mano.com/obiben/

 

以上になります。

 

よろしくお願いします。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)

コメントを残す