おびべんin天草4回コース第1回目開催 報告

要望があればいつでもどこでもおびべんは出張致します。

 

こんにちは、熊本市帯山のリハビリ整体・メディカルアロマ mano(マノ)の上原です。

 

5月6.7日、熊本県天草にておびべん初の出張4回コースが開催されました。

 

熊本市内では毎週水曜日のナイトセミナーで応用編として定期開催している内容になります。

 

応用編の内容は『骨盤・脊柱・内臓・頭蓋などの主に体の幹となる部分、全身を整えるという概念を学ぶもの』になります。

 

参照リンク:部分と全体の考え方

 

その1回目の内容は当会(臨床研究会愛媛祭 熊本支部)の概論・基本テクニックについてです。

 

どのようなことをお話ししたかを、僕の文章能力で伝わる範囲で一つ一つ報告していきます^^笑

 

当会の大前提。患者さんへの貢献。

 

当会の大前提はセラピーにて患者さんに貢献することを第一にしています。

 

これが絶対条件です。

 

そのため、患者さんから喜んで頂けるのであれば方法は問いません。

 

理学療法士だから運動療法を中心にやる、作業療法士だから生活指導を中心にするという概念とは少し異なります。

 

職域に関係なく、どんな症状をお持ちの方でもしっかりと対応出来るというところを目標に活動しています。

 

そのために大切なのは

 

理屈<事実

 

です。

 

かなり大きめの文字で書いてみました笑

 

それくらい大切です。

 

どういうことかと言いますと、医学の世界ではエビデンス(根拠)という言葉が存在します。

 

こういう症状にはこの方法が効果的ですよというものです。

 

エビデンス(根拠)はとても大切です!!!!

しかし、エビデンス(根拠)はすべての方に当てはまるわけではない。

というのも事実です。

 

痛みや機能不全といった不調は、1つの不調に対して原因が1つとは限りません。

 

参照リンク:リハビリや整体の本質

 

身体の声を聞く評価、パルペーションテクニック

そこで重要になるのが、『推論ではなく患者さんの身体の声を聴き取りいかにしかるべきアプローチができるか』です。

 

ということで、まずはパルペーションの実技を行いました。

 

パルペーションというのは筋膜の触診で、痛みや筋肉の硬さなど不調がある部分と関連のある部分を評価するといったものです。

 

関連のある部分に触ると痛みや硬さが和らいでいきます。

 

リハビリの業界ではまだまだ馴染みがなく、いつもみなさんビックリされます。

 

 

筋膜の触診なので、繊細なタッチングが必要になるのですが、皆さん難なく行っていました^^

 

 

少し休憩と外を眺めると、とてもいい景色^^

 

全国的に黄砂の影響があった中で、天草は晴天でとても気持ちのいい天気でした^^

 

 

身体のバランスを整えるという概念

次は、『身体のバランスを整える』という概念についてお話ししました。

 

基本的には、痛みなどの不調はどこか弱っている、使いづらくなっている部分のしわ寄せで起こっていることがほとんどです。

 

マッサージやストレッチをして硬いところを柔らかくしてもすぐに戻ってしまうケースがあるのはそのためです。

 

なので、当会では、弱化している筋肉の促通を行い、全身のバランスを整えていきます。

 

全身の筋肉を調整していくと、他の部位にも良い影響がどんどん波及していきます。

 

どういうことかは、体感して頂くのが一番ということで、大腰筋、横隔膜などの姿勢筋の調整を行いました。

 

二つの筋肉をしっかりと促通(使いやすい状態にする)ことで明らかに姿勢が変わります^^

 

インナーマッスルがしっかりと効いた状態になることで無意識でここまで姿勢が変わります。

 

立っている本人は調整前と同じように立っているのに(無理に姿勢を正したりはしていません)ここまで見た目の印象が変わります^^

 

リハビリの職種は運動療法には特化していますが、学校で構造的なアプローチは残念ながら習うことが出来ません。

 

体が歪んだ状態で運動することは、パンクしたまま車を走らせるのと同じことです。

 

運動をする前に身体のバランスを整えることで、運動療法が最大限効果を発揮します。

 

体を整えて動かすという概念は非常に重要です。

 

 

『治すではなく治って頂く。』

我々は、変形してしまった腰を治すことは出来ませんが、変形しながらも楽により快適に生活をして頂けるように、全体のバランスを整えその方の持った力を最大限引き出すお手伝いは出来ます。

 

これも当会の大切な考えの一つです^^

 

最重要事項として当会では、即時的な変化(その場で痛みが軽減する、柔らかくなるなど)を出すためのアプローチではありません。

 

また、セラピストが治してやろうと考えた時点でセラピーの効果は頭打ちになってしまいます。

 

治るのは患者さん自身だからです。

 

患者さん自身が『よし!自分の体としっかりと向き合おう!!』と思い始めた瞬間、自己治癒力のスイッチがオンになります。

 

患者さんに敬意を持って寄り添っていくということがとても重要になります^^

 

 

 

タッチングとセルフコンディショニングがリリースの速度や施術の質を決める。

1日目の最後は、タッチングとセルフコンディショニングの重要性について。

 

これから骨盤、内臓、脊柱、頭蓋と色々なテクニックを学んでいきますが、ここをしっかりとおさえているかいないかで、リリースの速度や施術の入り具合といった部分に大きく関わってきます。

 

その重要な部分をワークを通して体感しながら納得して頂きました^^

 

あっという間に1日目が終了しました。

 

ちょうど夕日が沈む時間帯でまたまたいい景色を見ることが出来ました^^

天草は自然が豊かで素晴らしい場所ですね^^

感動しました^^

 

2日目は、当会の筋骨格系のアプローチ、自律神経への介入方法、内臓治療の一部など盛りだくさんの内容で進行していきました。

 

 

筋肉でダメなら内臓に目を向ける

中でも印象的だったのが、前日結婚式でアルコールを大量に摂取した受講生の先生に対する内臓アプローチ笑

 

内臓治療のデモにはもってこいでした笑

 

アルコールは膵臓の敵です。膵臓を痛めつけると背中〜肩甲骨にかけての筋肉が弱ります。

 

肩の可動域を評価しアプローチしたところ、劇的に改善しました^^

 

 

このように、筋骨格系の調整で改善しない症状は内臓が原因となることも少なくないということが分かって頂けたので良かったです^^

 

 

来月は骨盤・内臓、再来月は脊柱・頭蓋の内容になります^^

また来月も宜しくお願い致します。

 

ありがとうございました!!!

 

冒頭でもお伝えしましたが、熊本県内や九州近郊の県でのセミナー開催のご要望がありましたらお気軽にご連絡下さい^^

メールアドレス

info@with-mano.com

ホームページ

おびやま勉強会

 

LINEで送る
Pocket

\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)

コメントを残す