訪問セラピスト向け 生活指導&運動指導法セミナー 情報

リハビリ整体&メディカルアロマサロンmano代表の上原一輝です。

 

訪問セラピスト向け 生活指導&運動指導法セミナーを開催致します。

 

リハビリセラピスト、訪問看護師、訪問マッサージの方など職種は問いません。

訪問リハに関して悩んでいる方であればどなたでも参加して頂いて構いません!!

 

以下詳細です。

 

『訪問セラピスト向け 生活指導&運動指導法セミナー』

 

訪問リハビリテーションマニュアルの中に「基本能力の向上のためには、心身機能へのアプ ローチを実施するが、徐々に利用者本人が自主トレーニングや生活の中での活動を通じ、セルフコントロールできるようにつなげていく。」という限りなく理想に近い関わりに関する文章 があります。

 

しかし、在宅リハの対象となる方々は年々、高齢化と障害の重症化が問題となっ ております。

 

そのため、運動指導をしたくても、運動が出来ない。

指導したくても認知して頂けない。

そもそも基本能力の向上に対する関わりが出来ない。

 

 

そんなお悩みをお持ちの方も多いのではない でしょうか?

 

 

今回、そんなお悩みをお持ちの方に対して、在宅で良くある不良姿勢と筋肉の関係性、様々な不良姿勢に伴って不調を起こしやすい筋肉のケアの方法や高齢者や障害をお持ちの方でも出来る簡単なセルフケアの方法をご紹介していきます。

 

またセルフケアが出来ない方に対して有効 なポジショニングの方法や食事指導など多角的な視点からのケアの方法もご紹介します。

 

◎内容

・在宅リハに求められているもの

 

・在宅リハの現状

 

・在宅セラピストに必要なスキル

 

・最も効果的な介入方法

 

・在宅でよく目にする不良姿勢とその対策

 椅子座位、床座位、ベッド上臥位など

生活指導(姿勢)&徒手アプローチ・運動指導方法まで

例)

椅子座位での不良姿勢とそれに伴い機能低下を起こす筋肉

大腰筋、臀筋群、横隔膜etc…

この不良姿勢だと具体的にどの筋肉に機能低下が起きるのか?

その筋肉をどうやって調整するのか

逆にどういう姿勢にすればどの筋肉の機能低下を予防できるのか

そこまで説明させて頂きます。

 

・運動機能向上のための食事指導

 内臓と筋肉には関連があります。在宅で生活している高齢者や障害をお持ちの方々に共通する食生活とそれに伴って機能低下を起こす筋肉を紹介します。もしかすると、今お困りの対象者の痛みが食事から来ていることもあるかも知れません。

 

・歩行や立ち上がりの際の診るべきポイント

 

など

 

在宅でのリハビリの方法でお困りのセラピスト、真剣に患者様の人生に貢献したいセラピストの方々の参加をお待ちしております。

 

日時:2017年 4月2日(日)10:00~17:00

 

場所:整体&アロマサロン mano (熊本県熊本市帯山3丁目30-15E) 

 

定員:8名

 

対象: 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ 整体師・柔道整復師・など訪問サービスに関わっている方

参加費:10,000円

申し込み:

メール件名を「訪問リハ勉強会」とし、以下の必要事項を記入の上、お申込み下さい。 ①氏名②所属施設③メールアドレス④電話番号(連絡が取れる番号をお願いします) ⑤職種⑥経験年数(何年目)を明記し、
info@with-mano.comまでご連絡下さい。

 

LINEで送る
Pocket

\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)

コメントを残す