足がつりそうになる。ふくらはぎがカチカチの方へ

こんばんわ。

熊本市帯山の整体&メディカルアロマmano 上原です。

 

エコノミークラス症候群は50人を越えたそうです。。。

何とかなるものなので何とかしたいですね。

 

そこにも関連する部分を今日はお伝えします。

一昨日診させてもらった方から

 

「だいぶいいですが夜脚が吊りそうになってて困ってます」

とご相談を頂きました。

 

つりそうになる部分はヒラメ筋の筋腱移行部当たりでした。

※下の図を参照して下さい。

 

原因を診ると太ももの外側にある中とくというツボにありました。

 

スクリーンショット 2016-04-23 23.35.21 スクリーンショット 2016-04-23 23.36.47

 

これは経絡と言って筋膜のつながりのようなものの関連で、太もものところのツボが悪さをして、そこにある骨盤〜膝にかけての筋肉の機能が低下し、足首の筋肉が緊張し阻血状態に陥り、つりそうになるという症状として現れた様です。

 

その経絡というのが胆経です。

胆経の役割としては

肝経の血を正常に保つ役割の補助みたいな感じです。

なのでつりやすさの原因にもなりやすいです。

 

また

 

胆経は「歩」動作と関連が強いと言われています。

 

この方も体力低下や運動不足の指標となる下位腰椎や骨盤の変位が強く、骨盤周囲の筋力やふくらはぎの筋肉が全体的に落ちていました。

 

これはいわゆる生活不活発病のサインですね。

体の調整と

+全身運動が必要不可欠です。

 

是非、ふくらはぎがカチカチな方、気になっている方は

 

【一日一回避難所にこもる、車の中にいるのではなく散歩から始めませんか??】

 

【骨盤周囲やふくらはぎなど普段姿勢を保つ筋肉達を適度に刺激しませんか??】

 

歩くのはコンビニまでなど目的は何でも良いです。

運動は足踏みやつま先上げ運動など基本的な運動でも構いません。

 

疲労が溜まってきており気力も少し落ちてきている時期だと思います。

避難生活に逆になれて来てしまい本来の活動的な習慣を忘れない様にして欲しいです。

 

色々細かく体の評価もしますが、

筋肉や骨格の歪み、血流不足など…

 

とにかく今問題となって来ているエコノミークラス症候群もそうですが問題の根本は

 

【不動、固定】

 

普段は仕事や家事が自然と必要最低限の運動になっている訳なので。

 

運動、睡眠、食事、水分、衛生面、メンタルコントロール

 

難しい事はいりません

 

基本的なケアをおろそかにしないように気をつけていきましょう。

 

今日はこの辺で失礼致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

\ カラダのお悩み、ご相談ください /

mano(マノ)ではリハビリ整体のみならず、訪問整体オーダーメイドインソール作成などのサービスも提供しております。

空き状況を確認する

電話で予約する

090-7923-0632

営業時間:8:00-20:00(不定休)

コメントを残す